LINEオープンチャット最新機能「スパムフィルター」とは??

記事

LINEが8月19日に「オープンチャット」という新サービスを公開しました。

一つのトークルームに最大5000人ものユーザーが匿名で参加することができ、既に多くのユーザーがオープンチャットを利用しています。

匿名で参加できることから活発にチャットを楽しむことができる一方で、未成年も参加できることから卑猥な言葉や暴言などが書き込まれることを心配する声も上がっています。

オープンチャットの運営側はガイドラインでそういったコメントを投稿することを禁止しており、チャットを監視していて不適切な投稿を削除するという対応を取っています。

さらに8月22日11:00にオープンチャットは新機能「スパムフィルター」を公開しました。

今回の記事はその「スパムフィルター」について徹底解説いたします。

スパムフィルターの使い方

  1. トーク画面で右上の3本線のアイコンをタップします。
  2. メニュー画面が開くので、下にスクロールして「Bot」という項目をタップします。
  3. スパムフィルター」をタップします。
  4. NGワードを登録します。
    NGワードと完全一致するキーワードのみを削除」か「NGワードを含むメッセージを削除」のどちらかを選択することが出来ます。
  5. 右上の×を押して設定を終え完了です。

どのくらいの速度でNGワードは削除されるのか?

結論から言うと一瞬で削除されます。

以下のgifは筆者が「あいうえお」をNGワードとして登録してみた場合の様子です。

 

ご覧のように一瞬で削除されることがわかるでしょう。かなり高性能であることがわかります。

ストップウォッチで測ったところ上の例で削除されるまでにかかった時間はたった0.73秒でした。

短いですね!!!

この機能を使えば以下の様なことも可能です。

スパムフィルター応用編(オープンチャットの宣伝コメントを削除する!!!)

自分でオープンチャットを作って管理者をやっていると、メンバーが他のオープンチャットの宣伝を下の様にすることがありますよね、、、

オープンチャット「説明用」に招待されました。下のリンクから参加できます。https://line.me/ti/g2/~~~~~

トークの流れに沿っていれば良いのですが、怪しげなオープンチャットの宣伝だったり、それまでのトークとは全く関係がないオープンチャットの宣伝をされると正直迷惑に思ってしまいます。

今まではそういった宣伝は個別に削除するか、宣伝を送ったメンバーを退会させて再度送れないようにするくらいしか取れる方法がありませんでした。

ですが新しく追加された機能「スパムフィルター」を使えばオープンチャットの宣伝を自動で削除することができます。

「https://line.me/ti/g2」をNGワードに設定する。

オープンチャットの宣伝は、
メニュー→招待→リンクをコピー
の順にタップして、コピーした定型文をペーストして投稿する場合が多いです。

ですので、定型文に含まれるキーワードをNGワードにしてしまえば、スパムフィルターが宣伝を削除してくれるのです。

宣伝文の例↓

オープンチャット「説明用」に招待されました。下のリンクから参加できます。https://line.me/ti/g2/~~~~~

「https://line.me/ti/g2」以降は各トークルームごとに異なるので、「https://line.me/ti/g2」としています。

また、例えば「下のリンクから参加できます。」の様に文章に含まれるキーワードであれば同様にメッセージを削除することが出来ますが、

URL以外の部分はメンバーが投稿する時に変更することも考えられるのでURLの一部をNGワードに指定するのが良いでしょう。

NGワードに登録してすぐには削除されないかもしれませんがチャット画面からトーク一覧画面に戻り、もう一度チャット画面にいくと削除されていることがわかるでしょう。

感覚的に、URLの一部にNGワードが含まれる場合とURL以外にNGワードが含まれる場合では後者の方が削除されるのが早い気がします。
例えば、「https://line.me/ti/g2」と「下のリンクから参加できます。」の様にURLの一部と、URL以外の典型文の一部をどちらもNGワードに指定するとより確実に宣伝メッセージを削除することができるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました