LINEオープンチャットの管理人 便利テク [10選]

未分類

LINEが8月19日に公開した「オープンチャット」という新機能。

最大5000人ものユーザーが一つのトークルームに参加し、匿名でチャットを楽しむことができるというサービスです。

誰かが作ったトークルームに参加するだけではなく、自分でトークルームを作ってみたいという方や、もう既にトークルームを自分で作って管理人となったという方も多いでしょう。

今回の記事では、管理人となった方がトークルームを運営する上で役に立つ知識を10個お伝えいたします。

アナウンスを設定することでルールやトークルームの目的を告知する。

アナウンスとはチャット画面の上部にメガホンのアイコンとともに固定表示されるメッセージのことです。

使い方

  1. チャットルームにメッセージを送り、そのメッセージを長押しする。すると下の画像の様な表示が現れるので、「アナウンス」という項目をタップする。
  2. チャット画面上部に先ほど長押ししたメッセージが表示される。

このアナウンスに例えば、そのトークルームでのルールや目的を書いておいたり、「ノートをみて!!」と書いておいて、ノートにそのトークルームでのルールや目的を書いておけばメンバーに伝わりやすいでしょう。

アナウンスを解除する際は、右側にある下向きの矢印をタップして消したいメッセージを左にスワイプすると「アナウンス解除」という表示が出てくるのでそこをタップすれば完了です。

「リレー」を使ってメンバーに自己紹介をしてもらう。

リレーとは、みんなでアルバムを作ることができる機能です。

これを使えば自己紹介をしてもらうこともできます。

使い方

  1. メニュー画面で右上にある3本線のアイコンをタップしてメニュー画面を開き、「ノート」という項目をタップする。
  2. 画面の右下にある+のボタンをタップします。
  3. すると、下のように「リレー」「カメラ」「投稿」という項目が出てくるのでその中で「リレー」をタップします。
  4. 何についてリレーするかを入力する。(画像も設定可能)(メンバーの自己紹介用に使うなら、例えば「自己紹介」をトピックにする。)
  5. 右上にある投稿ボタンを押して、完了です。
  6. メンバーは下の画像の「参加」というところをタップしてリレー形式に投稿することができます。

リレーの特徴

  1. 画像、動画を交えて自己紹介をできる。(コメント機能では動画は載せられない。)
  2. テキストカードを使って綺麗にテキストを表示することもできる。
  3. 投稿が横に並んで表示されるので、メニュー画面で「ノート」をタップした時に自己紹介がスペースを取らないで済む。

ノートの「コメント」を使ってメンバーに自己紹介してもらう。

上でご紹介した方法よりもこちらの方法の方がよく使われています。

やり方

  1. まずノートを投稿する。
  2. その投稿されたノートの下に吹き出しのアイコンが表示されるのでそこをタップする。
    (自己紹介の場合は、投稿するノートには管理者自身の自己紹介を書いたり、このノートに続いて自己紹介する旨を書いておく。)
  3. すると以下の画像の様な画面になるので、コメントを入力する。
    (自己紹介の場合は、ここにメンバーの自己紹介を書いてもらうようにする。)

コメントの特徴

  1. 動画は添付できない。
  2. 自己紹介のやり方としてよく使われている手であるので、メンバーに方法が伝わりやすい。

「オープンチャットに送信」を使うことで、書いたノートをトークルームに表示させる。

普通のグループチャットではノートに投稿すると、そのノートはチャット画面に表示されますがオープンチャットではトーク画面に表示されないです

よって、ノートに書いた内容に気づいてもらえない傾向があります。

そこで、上でご説明したアナウンスを使って告知をするのも一手なんですが、普段のグループチャットの時と同じ様にチャット画面に作成したノートを表示させるやり方があります。

やり方

  1. 投稿したノートの下に表示される一番右のアイコンをタップする。
  2. 以下の画像の矢印で示されるチャッボックスにチェックをいれ、画面の右上の「送信」をタップする。
  3. これでトーク画面にノートが投稿されています。

ノートに使う用の画像のサイズは大体720×720 pxに画像のサイズを設定して文字を書くといい感じに表示される。

画像のサイズを720×720としてノートに添付した場合、そのノートを「オープンチャットに送信」すると下のように表示されます。

上の項目で説明した様に、ノートをチャット画面に投稿する場合、ノートに貼った画像は正方形に表示されるのです。

また、このノートはノート一覧画面では以下のように表示されます。

 

以上二枚の画像を見てわかるように、正方形になるようにサイズを設定しておくとチャット画面上でもノート一覧の画面においてもどちらでも綺麗に表示されることがわかります。

ノートを大事なノートに設定することで、メンバーに通知を届ける。

ノートを「大事なノート」に登録すると、毎日最初に登録された大事なノートについてのみオープンチャットのメンバーに通知が届きます。

やり方

  1. ノート一覧画面において、通知を届けたいノートの右側にある三つの点のアイコンをタップする。
  2. 大事なノートに登録」をタップ
  3. 以上で、メンバーに通知が届きました。

ノートを投稿するときに「タイマー」を使うことで、一定時間後に削除されるにできる。

ノートには「タイマー」という機能があり、投稿時に設定することでそのノートを一定時間後(1時間or6時間or24時間)に削除することができるのです。

タイマーの設定方法

  1. ノートを作成する時に、右側にある三個の点のアイコンをタップ
  2. タイマー」をタップする。
  3. 何時間後に削除したいか、を設定。
  4. 砂時計のアイコンが表示されて設定完了です。

タイマーの使用例

  • 期間限定の告知用のノートに、、、
  • ずっと残っては欲しくないノートに、、、

共同管理者を設定することで、トークルーム管理の負担を分散させる。

オープンチャットでは「共同管理者」というものを設定できます。

共同管理者を設定することで、悪質なユーザーの強制退会、悪口などのメッセージの削除などの仕事を共同管理者と分担して行うことができます。

デフォル設定で、管理者と共同管理者にしか実行できない行動は、

  • お知らせ・大事なノートに登録
  • メッセージ・ノートを削除
  • トークの定員数を変更
  • メンバーの強制退会
  • イベントを作成・削除
  • 通訳を追加・解除
  • 投票の作成・削除

が挙げられます。

設定方法

  1. トーク画面で右上の3本線のアイコンをタップしてメニュー画面を開く。
  2. メニュー画面で右上の歯車のアイコンをタップして設定画面を開く。
  3. メンバー管理」をタップ
  4. 共同管理者を設定」をタップして共同管理者にしたいメンバーを選択する。
  5. 以上で完了です。

権限設定することで、メンバーに権限を持たせたり、自由度を減らすことができる。

メンバーがもつ権限の範囲を設定することで、オープンチャットをより自分の理想とする形に近づけることができます。

デフォルトでは下の様になっています。

行動 許可範囲
ノートを作成 すべてのメンバー
お知らせ・大事なノートに登録 管理者・共同管理者
メッセージ・ノートを削除 管理者・共同管理者
トークの定員を変更 管理者・共同管理者
メンバーの強制退会 管理者・共同管理者
イベントを作成 管理者・共同管理者
イベントを削除 管理者・共同管理者
通訳を追加・解除 管理者・共同管理者
投票を作成 管理者・共同管理者
投票を削除 管理者・共同管理者

設定方法

  1. トーク画面で右上の3本線のアイコンをタップしてメニュー画面を開く。
  2. 右上の歯車のアイコンをタップして設定画面を開く。
  3. 権限」をタップ。
  4. 下の様な画面になるので、権限を設定する。

スパムフィルターを使うことでNGワードを自動削除する。 (オープンチャット宣伝を自動削除することも可能)

これについては、以下の記事で詳しくご説明しましたが、

LINEオープンチャット最新機能「スパムフィルター」とは??
8月22日11:00にオープンチャットが公開した新機能「スパムフィルター」について徹底解説いたします。機能の使い方、スパムフィルターを使ってみた感想、応用的な使い方についてまとめてあります。この機能を使えば、宣伝メッセージを自動削除できるのは大変魅力的ですね。

オープンチャットには「スパムフィルター」という機能があり、これを使えばNGワードを含むメッセージを自動削除することができます。

使い方(詳しくは上の記事をお読みください):

「メニュー」→Bot→「スパムフィルター」

応用的使い方: スパムフィルターで他のオープンチャットを宣伝するメッセージを自動削除

NGワードに「https://line.me/ti/g2」を設定することで、他のオープンチャットを宣伝するメッセージを自動削除することができます。

 

まとめ

以上10個のオープンチャット管理者用のTipsをご紹介してきました。

皆さんはいくつご存知でしたか?

Tipsを駆使して、皆さんのオープンチャットをより良いものへと進化させて行きましょう!!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました